CIPP/Eトレーニングのご案内

当社は IAPP の日本で初めての
オフィシャル・トレーニング・パートナーです

iapp official strategic training partneriapp official training partner

各種キャンペーンのお申し込みはこちら

コースの説明

CIPP/Eトレーニング・コース

CIPP/Eトレーニング・コースはBird and Bird、Field Fisher、Wilson/Sonsini、Covington and Burlingの各法律事務所の協力を得て開発されたトレーニングで、欧州全体および各加盟国のデータ保護法、主要なプライバシー用語、個人データ保護や国境を越えたデータフロー(trans-boarder data flows)に関する実践的なコンセプトを網羅しています。

CIPP/E認証は、ANSI/ISOによって認定を受けた世界で通用する認証です。IAPPの認証試験、テキスト、トレーニングは、プライバシーに関する最新の動向を反映させるために常に更新されているため、受講者は最新の欧州の動向を学ぶことができます。また、CIPP/E認証を取得すると、深い知識と効果的なプライバシー対応方法を学んだことを一般に示せるため、受講者は、専門家としての価値を高められます。CIPP/Eには、EU-U.S. Privacy ShieldやGDPRなどの重要なトピックも含まれています。

CIPP/E認証のもう一つ大きな特徴は、CIPP/E認証にCIPM認証を加えることで、GDPRのDPO要件を満たすことができるようになることです。これは、CIPP/Eは欧州の法的枠組みに関するDPOが持つべき知識、CIPMは組織のデータ保護活動をリードするために必要な理論的側面をカバーしているためです。

CIPP/E認証を取得することは、受講生のキャリアを飛躍させるための、最初の、かつ重要な第一歩となることでしょう。

コースに含まれるもの
  • IAPPメンバーシップ(1年分) (*1)
  • CIPP/Eトレーニングのテキスト(eBook)
  • CIPP/E試験のためのサンプル試験
  • 認証試験受験用バウチャー(CIPP/E以外の認証試験にも使用可能、全国のテストセンターで受験可) (*2)

*1: 既にIAPPのメンバーの方はメンバー費用を含まないコースをご購入いただけます
*2: 認証試験受験用バウチャーが含まれるコースを選んだ場合のみ含まれます

受講対象

こんな方にお勧めします

CIPP/E認証はプライバシー業界のグローバル認証です。認証を取得することで次のような効果を期待できます:

プライバシー業界に関心がある方 にとっては..

CIPP/E認証を取得すると専門的な知識を有していることを証明することができ、世界各国でプライバシーの専門家として活躍する道が開けます。

新たなキャリアを目指す方 にとっては..

GDPRでは、コンプライアンスの監視、社内のデータ保護活動のマネジメント、データ処理担当者のトレーニング、内部監査の実施などを担当する知識豊富なDPO(データ保護責任者)を任命することが義務づけられています。

CIPP/E認証を取得することで、GDPRについて包括的な知識、見解、理解を得られ、欧州でのコンプライアンスとデータ保護を確実に実施できるようになります。CIPP/E認証の取得者には、プライバシーがもたらす新たなキャリアの扉を開かれることでしょう。

CIPP/Eトレーニング・コースは次のような方におすすめです。
  • プライバシー業界でキャリアを開きたい方
  • データ保護責任者として仕事をされている方
  • 法律事務所でプライバシーを取扱う弁護士、社内弁護士
  • コーポレート・ガバナンスに関する監査員、リスク・マネージャー、コンプライアンス責任者
  • プライバシーやセキュリティのコンサルタント

内容

学習内容

CIPP/Eトレーニングではプライバシーに関する重要なコンセプトや概念を学ぶことができます。CIPP/Eトレーニングは、欧州を中心としたデータ保護(data protection)の概念についての知識を深めたい方に適したトレーニングです。また、CIPP/E認証試験で要求される知識体系をベースに構成しているため、CIPP/E認証試験の試験勉強を行いたい方にも適したコースです。

コース内容

  1. データ保護法
  2. 個人データ
  3. 管理者、処理者
  4. 個人データ処理
  5. データ主体の権利
  6. 情報提供の義務
  7. 国際的なデータ移転
  8. コンプライアンス
  9. 処理のセキュリティ
  10. アカウンタビリティ
  11. 監督と執行措置

補足説明

CIPP/Eについて

CIPP/Eは世界で最初につくられた、欧州のデータ保護専門家グローバル認証です。CIPP/E認証を保有している専門家は次のような内容を理解し、実践する能力を有していることを対外的に示せます。

  • 欧州のデータ保護の概要
  • 欧州の規制機関
  • 法規制の枠組み
  • 欧州データ保護法・規則の遵守
  • 国際的なデータ移転

IAPPについて

IAPPは2000 年に設立された国際プライバシー専門家協会(International Association of Privacy Professionals)です。

データ保護の専門知識として必要な知識体系をグローバルな視点から定義し、専門家に対する知識体系の習得を支援するとともに、継続的に改善することを使命としています。政策に中立な(policy neutral)なNPOで、プライバシー業界に非常に大きな影響力を持っています。本社を米国のニューハンプシャー州ポーツマスに置き、世界100カ国以上に75,000人以上の個人会員を擁しています。

IAPP は、プライバシー保護とデータ保護に関するトレーニング、認証、出版、研究、イベント、ネットワーキングの機会を提供しています。

各種キャンペーンのお申し込みはこちら

開催要項

スケジュール

日程
Term
日数
Days
時間
Hours
形式
Format
言語
Lang
2022年5月7日(土) –
2022年5月8日(日)
2日間 9:00 – 16:00 オンライン 日本語
2022年6月8日(水) –
2022年6月9日(木)
2日間 9:00 – 16:00 オンライン 日本語
2022年8月3日(水) –
2022年8月4日(木)
2日間 9:00 – 16:00 オンライン 日本語

コース費用

お申込みされる方のニーズに応じて3つのコースをご用意しました。すべての日程で3種類のコースを選択いただけます。

IAPPの1年間メンバーシップとCIPP/E試験費用を含んだパッケージをご希望の方は「CIPP/E フル・コース」をご利用ください。すでにIAPPのメンバーでトレーニングとCIPP/E試験費用をご希望の方は「CIPP/E ライト・コース」をご利用ください。CIPP/E公式トレーニングのみをご希望の方は「CIPP/Eトレーニング・コース」をご利用ください。

コース
Course
内容
Content
費用 (税込)
Pricing (ATI)
トレーニング
Training
IAPP
メンバーシップ
Membership
認証試験
バウチャー
Cert Exam
Voucher
CIPP/E フル・コース JPN 231,000-
CIPP/E ライト・コース JPN 198,000-
CIPP/Eトレーニング・コース JPN 176,000-

※ ○ がパッケージに含まれる内容です。

講師のご紹介

寺川貴也(てらかわ たかや)

テクニカ・ゼン株式会社 代表取締役社長

もともと機械系のエンジニアでリスク・マネジメントに関心を持っていたことがきっかけで2017年からデータ・プライバシーの世界に入る。GDPR対応を皮切りに世界各国のデータ・プライバシー法規制対応を支援してきた。
IAPPからは日本で初めてのオフィシャル・トレーニング・パートナーとなることを許可される等グローバルでのプライバシーのコミュニティとのつながりが強い。

お申し込みはこちら

各種キャンペーンのお申し込みはこちら

FAQ

  • Q:トレーニングはどのように作られているのですか?

    A:トレーニングは、Body of Knowledge, BoK)と呼んでいる知識体系、試験のブループリント、教科書、専門家、法律家、プライバシーの専門家による調査結果や出版物といったものをもとに作成されています。受講生が理解を深められるよう、教材構成を考える専門家や対象分野の専門家が全プロセスに関わり、注意深く設計されています。

  • Q:今はコロナで集合研修等に行きにくいのですが、どのようなスタイルで実施するのですか?

    A:Zoom による2 日間のオンライントレーニング形式で実施させていただきます。チャットの時間もあり、双方向でのやり取りを織り交ぜながら、できるだけインタラクティブな形式で実施します。コロナが収まれば、対面方式でのオンサイトトレーニングも随時実施します。また、企業内研修という形で、同じ会社のメンバーのみに限定したトレーニングとして本トレーニングの実施も可能です。

  • Q:トレーニングにはプライバシーに関する最新のニュースや動向も含まれていますか?

    A:IAPP のトレーニングは定期的に更新され、最新の動向をできるだけ反映するように設計されています。また、トレーナーはプライバシーの専門家のため、トレーニングを通じて最新の動向を必要に応じて情報提供していきます。トレーニング時に最新ニュースが取り上げられなかったとしても、トレーナーに質問していただければ、最新の動向に関する情報のご提供ができます。

  • Q:公式CIPP/Eトレーニングや公式CIPMトレーニングをうけなければCIPP/EやCIPMの認証試験に合格することはできないのでしょうか?

    A:トレーニングを受講しなくても、合格することはできます。しかし、IAPP の公式トレーニングは質が高く、試験準備の方法として自信をもってお勧めできます。IAPP の公式トレーニングは、確かな情報ソースをもとに厳格なプロセスを経て開発されており、単なる試験勉強以上の学習を受講者にもたらしてくれます。トピックについて深く理解するためにも、IAPP の公式トレーニングをご活用ください。

  • Q:トレーニング受講後に提供される各試験のサンプル問題はどのようなものでしょうか?

    A:サンプル問題は実際のテスト項目ではないため、試験の全容を表しているわけではありません。しかし、試験の出題形式に慣れるためには役に立ちます。試験のためだけではなく、学習内容の確認や弱点の特定、自分の知識を試すために使うことができます。

  • Q:トレーニングの種類がいくつかありますが、どのトレーニングを受けるべきですか?

    A:現在のお仕事やポジション、将来目指したいお仕事やポジション、どの地域について関与することが多いかといった専門家としての必要性に応じて決めるとよいでしょう。法域ごとの法律の知識を体系的に学びたい場合については CIPP 認証に関連したトレーニングを受講するとよいでしょう(CIPP/E、CIPP/US)。プライバシーのガバナンスについて学びたい場合についてはプライバシープログラムマネジメントについてのトレーニングを受講するとよいでしょう(CIPM)。プライバシーとテクノロジーとの関連やPrivacy by Design について学びたい場合にはCIPT トレーニングがお勧めです。